CATEGORY

エントリーシート攻略

インターンまでに作成すべき就活資料

就活の早期化により就活資料の準備をさらに急がねばならない状況にあります。とくに理系院生ではガクチカに加えて、研究概要の説明資料を作る必要があります。 夏のインターンまでに就活資料を作る 就活の前哨戦として夏と冬にインターンがあります。就活早期化の流れはありますが、とくに売上高500億円をこえるような大企業では時期は何か月も早まるといった状況ではありません。 就活生に聞いたところだと平均1か月ほど就 […]

企業が設ける学歴フィルタの是非を問う

今回はエッセイという形で学歴フィルタに対する筆者の考え方を記述していきたいと思います。本稿の記述は筆者の私見として考え方を述べているだけで、これが正しいと言いたいわけではないことはご容赦ください。 人の意見というのは、これまでに接触した人間の考え方が色濃く表れます。とくに子供のうちに親や親しい大人によって刷り込まれた考え方などは、その人の基礎となる部分で永遠に残り続けます。 他人の口癖がいつの間に […]

就活のエントリーシートは速達して入社意志を伝える

就活で企業へプレエントリーした後は履歴書やエントリーシートの送付です。マイページ上で電子ファイルとして提出できる企業も増えてきましたが、まだまだ手書きエントリーシートを求められることも多いのが化学系企業です。 エントリーシート必着の日付を時系列に並べ、就活予定の全企業の締切に間に合わせるようスケジュールを組みましょう。エントリー企業の管理については下記の記事にて解説しているので良ければご覧ください […]

就活エントリーを効率化しよう

3月1日、就活が始まった瞬間に企業へエントリーしていきます(これからの就活では3月解禁ではなくなるのでご注意ください) 企業サイトで必要事項、ID、パスワードを書いてマイページを作成。手順に従ってweb上でエントリーシートを提出するのが一般的なエントリーの流れです。 10社20社と応募していくと、書類の山が出来上がってしまいます。しっかりエントリー企業を管理しないと時間効率が悪くなります。筆者が就 […]

研究概要の書き方で内定を掴む

エントリーシートを通過させればいよいよ面接。技術系ならば重役や研究所長の目の前でオリジナルの研究概要資料を使って技術発表を行います。 伝わりやすい資料を作る上で欠かせないのは聞く人の立場を考えることです。文系の人なのか、理系の人なのか、大人か子供かで伝え方が変わります。そして伝えるべき内容も変わります。 研究概要は学会発表ではない 多くの学生が学会のポスター資料を改造して就活用の研究概要資料を作成 […]

エントリーシートは何社出すか

3月になれば就活開始。日付が変わる合図とともに企業サイトを巡って片っ端からエントリーしていきます。 就活が始まった当初はランナーズハイのようにエントリーすることに夢中になりますが、ある程度エントリーするとエントリー数を何個にするかに自然と思考が向くと思います。 私の同期には大手化学メーカをたった5社受けて2社に合格したという強者もいます。かと思えば、私のように不安がって何十社もエントリーシートを送 […]

エントリーシートでアピールしよう

大量に送られてくる履歴書を採用担当者が全てを隈なく読むかといえばNOです。エントリーシートの合否は出身大学や自己PRやガクチカを軽く読んで判断しています。 履歴書やエントリーシートは面接に進むための重要な道具であると同時に、面接における話のタネです。互いに見ず知らずの人間同士が表面的にだけでも円滑に会話を進めるために存在しています。 誰が見ても一目で「話してみたい人材だ」と思わせるような書類でアピ […]

TOEICは何点からエントリーシートに書くか

日本での需給には限りがあるため企業は海外に出て行って新規市場を開拓します。この動きは大企業はもちろんですが、中小企業でもみられるようになってきました。 就活戦線において英語力が重視される風潮が自然と高まっています。その際に指標として用いられるのがTOEICです。就活で提出するエントリーシートは会社によって異なりますが、どの会社でもほぼ必ずTOEICの点数を記入する欄があります。 TOEICの点数は […]